com-yoshiのブログ

現役の天理教教会長による、ぶっ飛びな天理教のお話や、だらけきった信仰体験談を通して、アナタのココロの筋力アップをサポートします。

【コロンビアの日々】人見知りが異国で友達を作る方法②

 

f:id:com-yoshi:20170719173152j:plain

こんにちは、人見知り陽気伝道師コムヨシです。

人見知りが異国でどのようにして友達を作ったのかを↓

 

com-yoshi.hatenablog.com

 

で、書いてみたんですが、ありがたくも「続きが気になるから更新して」という声を頂きました(約1名)。正直なところ更新はまだするつもりはなかったんですが、ご要望にお応えして

【コロンビアの日々】人見知りが異国で友達を作る方法② 

を書いてみようと思います。

 

 

バージェ大学の社交場

 

 

前回の記事で、ドーニャ・テレサというアミーゴに出会い、コロンビア生活が激変したっていうことを伝えたと思います。

まさに、激変したんです。

大学の構内にはいくつかの売店があります。日本の駅にあるような売店ではなく、木陰に小さなテーブルを置いて、ちょっとしたお菓子や飲み物なんかを販売しているところで、この辺でいうところのチンチンアイス的な規模をイメージしてもらえれば、全く違うんですがw、イメージとしてはしやすいのかなと思います。おそらく日本にはないスタイルじゃないかと思うんで。

彼女のいる売店が決して魅力的だったわけではなく、他には置いていない特別なものを販売していたわけでもない。

なぜその売店に立ち寄ったのか、それは

たまたま。

まさにこれです。

でも、体育館自体があまり人通りがない場所にあって、なおかつ涼しげな雰囲気だったから、実は魅力的だったのかもしれませんね。

そこへ、なんとな〜く立ち寄ってみたんです。

いや、ちがう。

今書きながら思い出したんだけど、その売店の前をチャリンコでプラプラしてたら、なんか聞こえてきたんです。

「チーノ」

「ノー、ハポネス」

こんな声がうっすら聞こえてくる。

振り返ると、何やら売店から聞こえてくる。

売店をよく見ると、男子が2、3人たむろして、ニヤニヤしながらこっちを見てる。

こういう状況ってよくあるんです。

外国人が珍しいから、チャチャをいれる感じ。

普段ならあまり相手にしなかったんですが、「ハポネス」という単語が聞こえ、なんとなく嬉しかったのか、近づいてみることにしたんですね。

 

時間がきたので、今回はこれまで!

小出しにいくぜ〜 気になるだろ〜 ハポネスが何か気になるだろ〜