com-yoshiのブログ

現役の天理教教会長による、ぶっ飛びな天理教のお話や、だらけきった信仰体験談を通して、アナタのココロの筋力アップをサポートします。

【夢占い】断崖絶壁から見えた新しい景色②

どうも夢見がちな男、コムヨシです。

前回からだいぶ時間がたってしまいましたが、続きを公開します。

 

前回の話を忘れた方、初めて来られた方はこちらからどうぞ↓↓

【夢占い】断崖絶壁から見えた新しい景色① - com-yoshiのブログ

 

 

有名人が集うサロンのオフ会

校舎の中は、キャンプ場にあるログキャビンのような内装でした。

その中には20人程いました。

全くの初対面で、誰1人顔も覚えていないんですが、感覚的にはみんな会った事があるような感じで、さらに、それぞれの分野で一流の人達ばかりという認識の方々でした。

 

その中の1人は、プロジェクターを用いながら何かを一生懸命ボクに教えてくれています。しかも、仕事中の大切なお昼休みの時間を削ってまで、ボクのために時間を割いてくれました。

そして別のテーブルでは、ボクのパソコンに色々と貴重なデータをインストールしてくれています。本来ボクが自分でやらなきゃいけないことなのに、3人くらいの人がボクのために作業してくれていました。

やってあげてる感もなく、やらされてる感もなく、自分がやりたいからやる、そういう感じの空間でした。

それがとても心地よかったです。

 

なぜか知らない人のパーティーにあなたが出席する夢は、あなたの元に楽しい事や嬉しい知らせがやってくる幸運の知らせです。人間関係が広がるような出来事があったり、人見知りなのにたくさんの人とのつながりができるかもしれません。

 

人間関係が広がるなんて素敵すぎますよね。

でも、今ボクがやりたいなと思っていることが実現出来れば、もしくはそこに向かってある程度軌道に乗れれば、間違いなく人間関係は広がるでしょうね。

そんな未来を楽しみに頑張って行きたいっす。

 

 

 

「めっちゃ面白い人なんです」

場面は、実家の教会に移ります。ボクの大切な仲間である、大向けんた君が、よその教会の信者になったという情報が届きました。

それがどういう経緯で届いたのかは忘れたのですが、その情報は間違いのない事実のようでした。

その日は、月次祭でした。

みんなおつとめ着に着替えて、さあそろそろ始めようかという時、神殿にいくとなんの準備もされておらず、焦って準備をしていました。

 

月次祭が始まった頃、噂の大向けんた君が参拝に来ました。

ボクのとなりに来て一緒に参拝していたけんた君に、思い切って聞いてみました。

 

ボク「◯◯さんのとこに行ったんだって?」

けんた「そうなんすよ、めっちゃ面白い人なんですよね〜」

 

ボクは、所属変更どうのこうのを言おうかと思ったんですが、ボク自身が、教会とか組織に縛られてはいけないと感じていたので、そんな野暮な質問はしませんでした。

 

ただ、やっぱり今まで一緒にやってきた仲間が別の教会へ行くというのは、悔しいというか悲しいというか、寂しいというか、そんな切ない気持ちになりつつも、大切な事はよりよい環境で信仰を続ける事であり、その環境を誰かに提供していくことだと思うので、彼のその選択に喜びつつ、その狭間で葛藤していました。

 

大切な友人や恋人と別れるのは、夢占いでは逆夢と解釈されます。

一生を共にするような友人に恵まれたり、お付き合いをしている相手との絆や愛情が更に深まる事を夢占いは教えてくれています。

現実があまりに幸福で満たされているので、その幸福を失う事を恐れる気持ちが別れるという夢となって表れたのでしょう。

友人や恋人との間にちょっとした波風くらいはあるかもしれませんが、心配する事はありません。結果的に雨降って地固まるの諺通り、より一層絆が深まる事でしょう。

 

ボクの母親は、根拠がいたって不明な夢占いをする人なんですが、母親から聞いた話によると、夢に教会の神殿が出てくるというのは神様からのメッセージ性が極めて強いのだそうです。

今回はその説を採用してみましょう。

ボクの大切な仲間である、大向けんた君とのある種の別れを経験したわけですが、その情報を得たのも、けんた君とのやりとりがあったのも、教会でした。

けんた君との関わりが、教会の今後を大きく左右するというメッセージなのでしょうか。

 

 

 

まとめ

2回にわたってまとめてみましたが、いかがだったでしょうか。

 

・目標に向かってそれなりに努力はしているけれど、これまでのやり方では立ち行かなくなる。

まわりの言う事を素直に受け、自分をオープンにしていくと、自分を助けてくれる人が現れる。

・新しい事へ挑戦するための気力は十分だけど、それを達成させるための体力が伴っていないという感じでしょうか。焦らず、しっかりと盤石な体制を整えて、先を楽しみに、過去のわだかまりもすっきりさせて。

今ボクがやりたいなと思っていることが実現出来れば、もしくはそこに向かってある程度軌道に乗れれば、間違いなく人間関係は広がるでしょう

けんた君との関わりが、教会の今後を大きく左右するというメッセージなのでしょうか。

 

という感じになりました。

いずれにせよ、これからボクの周囲が大きく変わって行くというイメージをもちました。

当たり前のことですが、たまたま周りが変わるということはあり得なくて、周りが変わる、もしくは変わった様に感じるっていうのは、実は自分自身が変わったからなんですね。

夢にも表れているように、とにかく現状を打破したいという願望が強くあります。

でもそれを実現できるかどうかは、誰でもないボク自身なんだということを、今回の夢を通じて改めて感じる事ができました。

 

あなたはどんな感想をもったでしょうか。

よければ感想を聞かせて下さい!

 

ではまた!