天理教2.0になるためのコムヨシブログ

23歳で天理教の教会長に就任。 従来の布教活動を心から楽しめず、自暴自棄になる。 ブログという新しい可能性と出会い、新しい教会と信仰のあり方を模索。 お供えに依存しない教会を目指し、自分の才能を活かして自分の力で稼せぎ、のびのびと楽しい信仰のあり方や生き方である【天理教2.0】を自分のスタンダードにしたいと考えている。 青森県出身 天理高校卒 天理教語学院スペイン語コース卒 天理教コロンビア出張所にて2年間勤務。上級青年勤め後23歳で会長就任。既婚/子供3人/33歳

ミニマリズムという生き方が新しい感謝の仕方を教えてくれた

f:id:com-yoshi:20170716161447j:plain

どうも、コムヨシイズムです。

 

ミニマリズムって聞いたことありますか?

聞いたことある方もない方も、ミニマリズムを毎日実践している「ミニマリスト」という人の考えに触れてみていただきたいです。

こちらからどうぞ↓↓

sibu2.com

ボクはこの動画を見て、一発でミニマリストのファンになってしまいました。

ミニマリストのしぶさんのブログもミニマリストである理由や、ミニマリストの普段の持ち物、部屋の紹介など、色々興味深い記事がならんでいます。是非読んでみて下さい。

 

たくさんある記事の中で、とても印象的だったのが

 

物が少なくなるほど、1つ1つのありがたみが嫌でも分かるし、物に感謝できるようになった。

多すぎる物は重りになってしまうけど、少なからず物がないと生活できないのも事実。

だから物は大好きだし、これからも自分を支えてくれる物だけを選んで所有しよう。

 

引用元:物を減らすと、1つ1つのありがたみが嫌でも分かる | ミニマリストしぶのブログ

 

という内容です。

 

ボクはTシャツが好きなんですが、その中でもバンドTシャツが大好きです。(最近はあまり持ってないんですが汗)

自分がTシャツ何枚もってるかなんて全くわからない。

いつの間にかなくなっていても、なくなっていたことにすら気づけていなかったんです。

 

不必要なものをなくすっていう考え方なのかなって思っていましたが、そうではなく、

「本当に必要な物だけを残す」っていう発想みたいなんです。

 

消去法みたいな感じですかね。

 

減らすんじゃなくて、残す。

 

作業同じかもしれないけど、プロセスがまったく違いますよね。

 

とても前向きな考え方に共感を持てます。

 

本当に必要なものだけに囲まれて過ごす生活なら、一つ一つの「モノ」に感謝の思いがわくのはとても自然な流れなんだろうなって感じました。

 

天理教は「感謝」が代名詞みたいなとこがありますが、彼ほど毎日「モノ」に対して感謝している人はいるのだろうかって思っちゃいますよね。

当然ボクも出来てない訳ですが。

 

今日一日の自分を支えてくれた、たくさんの人。

そして、たくさんの「モノ」。

 

明日も変わらずボクを支えてもらいたいから、感謝の思いをもって大切にしていきたいなって思いました。

 

妻や夫を断捨離しないよう、断捨離されないような人間になりましょう(猛爆)

 

 

今日も一日陽気ぐらし!