天理教2.0になるためのコムヨシブログ

23歳で天理教の教会長に就任。 従来の布教活動を心から楽しめず、自暴自棄になる。 ブログという新しい可能性と出会い、新しい教会と信仰のあり方を模索。 お供えに依存しない教会を目指し、自分の才能を活かして自分の力で稼せぎ、のびのびと楽しい信仰のあり方や生き方である【天理教2.0】を自分のスタンダードにしたいと考えている。 青森県出身 天理高校卒 天理教語学院スペイン語コース卒 天理教コロンビア出張所にて2年間勤務。上級青年勤め後23歳で会長就任。既婚/子供3人/33歳

天理教被害者に学ぶ!人に寄り添う時に心がけるべき最も重要なポイント

f:id:com-yoshi:20180209143219j:plain

どうも、コムヨシです。

 

ちょっと前の話しになっちゃうんですが、

青年会創立100周年は天理教の未来が変わるきっかけになり得るか - com-yoshiのブログ

という記事に対してこんなコメントが届きました。

 

私は命の泣き声という名前でネット上で自分のうつ病の症状と天理教に対する負の感情をネットに上げているものです。
今回、初めてコムヨシさんのブログを読ませていただいて本当に良い記事だと思いました。
私自身は憎かった天理教とは、心身ともに離れることによりようやく安定した生活を手に入れつつあります。
私は幼少期より天理で育ちましたので、天理教組織にコミットしたままの友人が気掛かりな部分も少しはあったのかもしれません。
ここでコムヨシさんの記事により、こういう風に信仰に向き合っている人もいるのか、ととても新鮮な驚きがありました。
また、少し安心することができました。
苦労も多いかもしれませんが、ブレずに、今の姿勢を貫いて、是非頑張ってほしいと思います。
環境や立場は違うかもしれませんが、同じ真理を目指しているような気がします。
応援しています。

 

このコメントが本当に嬉しかったので、「命の泣き声」さんのブログを検索してみたんです。

本人が仰る通り、「天理教に対する負の感情」満載のブログになってます。

内容が素晴らしいとか、けしからんとか、色々な意見があると思うんですが、ボクが思うのは天理教に関わる人(特に人の上に立つ立場にある人)は一度は目を通しておいた方が良いということです。

 

命さんを簡単に説明すると

  • 高校まで天理で育った
  • 執拗な天理教教育により、脳の構造が本音を言えない、心を開けない状態
  • 高校卒業と同時に天理教と決別
  • 30歳で重度のうつ病と診断される
  • うつ病の原因は過去の家庭環境だとわかる
  • 両親との決別
  • 症状は快方に向かっている
  • ブログを通して、天理教で苦しんでいる人を救い、当たり前の生活を手に入れてもらうことを願っている

完全にボクの私感ですが、ざっとこんな感じだと認識しています。

是非ブログに目を通してもらいたいと思います。

inochinonakigoe.grupo.jp

 

 

いくら教えが素晴らしくても、教えが人をたすける訳ではない

ボクがこのブログを読んで思ったのは、こういったケースは恐らく数えきれない程存在しているんだろうなっていうことです。

症状の大小や、自覚の有無を除いたら恐らくとんでもない数字が出てくるんじゃないだろうかと。

 

教えでたすかるどころか、教えのおかげで苦しんでいる人がたくさんいるってことじゃないかと思うんです。

教えが素晴らしい所以かもしれません。

教えがこの世の真理だから、完璧すぎるからかもしれません。

 

  • 迷ってはいけない
  • 悩んではいけない
  • 正しくあらねばならない
  • 気を抜いたら負け
  • 悩んでるなんて相談できない
  • 常に喜んでいないとダメ
  • 愚痴や不足は心に喜びが不足している証拠

 

こういう感情に陥りがちです。天理教あるあるとでもいいましょうか。

正しい。

正しいんです。

正しすぎるんです。

 

それで苦しんでいる人も少なくないはずです。

もうやめにしましょう。

自分を許しましょう。

そんな苦しんでるアナタを神様はどんな思いで見てるんでしょうか。

 

苦しいという感情が必要なければ、神様は苦しいという感情は用意してないでしょう。

悲しいという感情も、憂鬱な感情も。

 

そうなりたい人なんて一人もいないと思うけど、この世に存在している全てに意味があるんだから、負の感情だって意味があるはず。

 

存在しているものを否定することは不自然な行いだと思います。

負の感情も全てを受け入れたその先に、自分らしい陽気な暮らしが見えてくるのではないでしょうか。

 

 

全てを受け入れたその先に必要となるのが教えでありたい

前回の記事

人だすけに信頼関係が必須の理由と信頼関係を構築する方法 - com-yoshiのブログ

でも書きましたが、目の前の人をたすけたい、力になりたいと思った時一番最初に考えなければならないのは、信頼関係の構築です。

伝え方や伝える内容は二の次三の次です。

 

伝えたい気持ちをグッと我慢して、まずはしっかり相手の心に自分の心を傾ける。寄り添うんです。

相手の心を共有し、共感することが大切。

 

相手が前を向けるようになってきたら、その時に自分を必要としてくれたその時に、始めて自分が伝えたいことを伝える順番だと思います。

 

これは見ず知らずの他人に対してもそうですが、見落としがちな自分の家族へ対しても同じことだと思います。

 

我が子だからこそ最新の注意を払うべきだということを、命の泣き声さんのブログを通して学びました。

 

たすかってもらいた相手がどん底から這い上がり、前を向けるようになり、自分を頼ってきてくれたその時、この教えは真価を発揮することになるでしょう。

 

命の泣き声さんありがとう。

 

 

今日も一日陽気ぐらし!